記事一覧

生理のマナー

エステティシャン

生理時の施術はあまりおすすめできない

エステサロンや脱毛サロン、また美容皮膚科といった医療機関では脱毛の施術は完全予約制というケースがほとんどです。全身脱毛など施術に時間がかかるプランがあり、お客を待たせないようスムーズに脱毛が行えるよう、予約制となっているのが理由の1つです。全身脱毛は各プランによっても異なるものの、背中など手が届きにくい部位や顔、またVライン・Iライン・Oラインといったデリケートゾーンのムダ毛も脱毛可能となっています。まさに全身まるごとムダ毛を処理したいという人におすすめと言える全身脱毛ですが、施術が予約制となると女性としては「生理になった時」の対応に不安を感じる人もいるのではないでしょうか。全身脱毛を予約した日に生理となってしまった場合、全身脱毛を受けられるのかどうか気になるところです。生理時の施術は各エステサロン・脱毛サロン、医療機関によって異なりますがVライン・Iライン・Oラインの脱毛はできません。ただし、腕や脚、ワキといったデリケートゾーン以外の部位であれば、生理時でも施術OKというケースもあるようです。ただ、デリケートゾーン以外は脱毛可能という場合でも、生理の時は脱毛をキャンセルするのが無難です。生理中は女性ホルモンバランスが変化し、いつも以上に肌がデリケートな状態となっているので、普段は問題ない脱毛でも肌トラブルを起こす可能性があります。また、生理痛があり痛み止めを服用する人も多いですが、薬を飲んだ場合は施術を断るエステサロンや医療機関が多いからです。もし全身脱毛を予約した日に生理となりそうという場合は、できるだけキャンセルして他の日に移動させると良いでしょう。